ノベルティグッズとは?
2019年5月6日

ノベルティグッズの活用

グッズを販促に用いるノベルティは、目新しさを意味する言葉ですが、日本においては消費者の興味を引く目的で使われています。

定番はティッシュやボールペンにタオルなどで、実用的で誰にでも使ってもらえるという共通点があります。貰っても邪魔になりませんし、社名やロゴなども気にならないものですが、持続的に販促効果があるのが魅力です。また、ノベルティは多様性を見せていて、掛けられる予算の幅は以前よりも増している状況です。アパレルやコスメ関係の分野では、いわゆるあぶらとり紙が新しいノベルティグッズに加わっています。

100円ショップでも販売されているほど低価格なので、販促用のグッズを作るにしても低コストで済みます。しかも実用的ですし、メイクが欠かせない女性にとっては毎日使う必需品なので、喜ばれる活用方法の1つです。OA機器などを販売する企業からは、手頃で実用的かつコストが低いUSBメモリがノベルティグッズに選ばれます。コストは容量でほぼ決まりますが、近年は低コストでもある程度の容量があるので、十分に実用的なグッズが販促に使えます。

様々なデザインが選べたり、複数色でバリエーションを増やすなど、活用と展開の幅が広いのがメリットです。メモ帳は手元にあれば何かと便利なアイテムで、こちらもアイディア次第でノベルティの活用が実現します。素材は紙でコストが低いのは当然ですが、形や表紙の工夫で独自性を打ち出せる強みがあります。ロット数が大きくてもコストは小さいですし、複数のデザインを用意して、グッズの魅力を高めることができるのもメモ帳の良さです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *