ノベルティグッズとは?
2019年9月21日

ノベルティ制作でもターゲティングが大切

ノベルティアイテムを制作する場合は、そのプロモーションに対してのターゲットにマッチしているかを意識する必要があります。

展示会などで配布しているアイテムと、主婦向けに配布するものは商品イメージが全く異なるので、同じものを配布しても反応が全く違います。展示会であればクリアファイルやバインダーなど仕事などに関連しているものが好まれますし、主婦層向けであれば家事で使えるものが良いというイメージになります。もらった側が使用する場合、持ち歩いたり外出先で手にとるとき大きな社名のロゴが印刷されていれば使いにくいです。

人の目に触れないような屋内で使用するアイテムもありますが、使用するときの状況を考えながら制作します。ここを間違えると、使ってもらえないこともあり意味がなくなります。配布するタイミングも大切で、人気があり行列ができているような状況で販促活動を行ってもインパクトがないですし、ノベルティのコストが無駄になってしまいます。

新しい商品の販売を予定している場合は、その認知度を拡大させるために新商品サンプルや、名前入りのグッズを配布すると効果的です。企業の商品やサービスと関連性があるノベルティアイテムを制作することで、自社のアピールにつながります。もらう側もその企業について強い印象を持つことができますが、どのケースでも受け取る側にとって使いやすいものであるかが大切です。使いにくければ、宣伝効果が全くないので無駄なコストとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *