小型船舶免許を取得する簡単な方法はあるか

沖合に出たい場合には、船を利用すれば良いですが自分が掃除をするとなれば話は変わってきます。自動車の操縦とともに、運転免許が必要になるわけですが、この場合小型船舶免許を取得しておけば充分でしょう。小型船舶免許には大きく分けて2種類のものがあります。あくまで、水上バイクなどは除いた話になりますので、イメージとしては小型クルーザー漁船等をイメージしておくと言うかもしれません。

2種類あると言うのは、一級小型船舶免許と2級小型船舶免許の2種類です。前者の場合は、沖合から何キロまでしか勝中できないと言う事はなく、無制限に走行することができます。例えば、大阪湾から出発した場合は、紀伊半島を超えて沖縄のほうに行っても問題ありません。物理的に行くことができるかどうかは別としても、免許状の制限はありません。

これに対して、後者の場合には沖合から9キロメートルと言う制限付きになります。果たして沖合から9キロメートルと言うのはどの程度の距離になるのでしょうか。これは、陸地がかなり遠くのほうに見えるレベルになりますので、相当遠くまで行くことができます。水深100メートル以上の場所まで行くことができるため、例えば海に釣りをする人でも陸から釣り上げる魚とはまったく別のものが釣れるかもしれません。

つまり、遠洋漁業等をする人でなければ、小型船舶免許の第二種を持っていれば充分なわけですので、まずこれを取得するように頑張ってみましょう。2週間ほど勉強すれば、合格できるレベルまで達します。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.