小型船舶免許はレンタルボートを借りるときにも便利

南の島にレジャーに出向いたとき、あまりにもきれいな海を見てマリンスポーツを楽しみたい、このように考える人は多いといえます。このようなエリアには色々なマリンスポーツを楽しませてくれるお店があるけれども、小型船舶免許を持っている人はモーターボートをチャーターしてサンゴ礁の海をクルージングしたり釣りやダイビング、沖合で楽しむシュノーケリングなど色々なレジャーに挑戦することができるようになります。一般的に、小型船舶免許と聞いたときエンジン付きのヨットやクルーザーを所有している人が取得するライセンス、このような印象がありますがレンタルボートを借りるときにも小型船舶免許が必要です。クルーザーやエンジン付きヨットなど、小型船舶を所有した場合は維持管理費が必要になります。

この維持管理費の中でもボートを保管するための施設利用料は高額なケースが多いですし、既にいっぱいになっている場合などでは別のヨットハーバーを探さなければならないなど維持するためのお金および手間が多くかかるといいます。その点、レンタルボートは時間貸しや1日単位などレンタカーと同じような感覚で利用ができるケースが多いので、釣りやクルージングなら半日などのように必要な時間もしくは日数で借りることができます。なお、小型船舶免許は資格を持つ人が船に乗船していると、免許を持たない人も操縦できる海域があるのでレジャーなどでボートを借りることで色々な楽しみが広がるのではないでしょうか。小型船舶免許のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.