小型船舶免許のない人が小型船舶を操縦してはダメ

小型船舶を操縦する場合は、安全に航行するために守らなければならないことがたくさんあります。と言っても、遵守すべき事項には常識で考えれば分かるようなことが多いです。例えば、小型船舶を操縦する場合は、小型船舶免許を取得していなければいけません。自動車を無免許で運転したら罰せられるのと同じで、小型船舶免許を持っていないのに運転したら罰せられます。

水上オートバイを運転するのにも小型船舶免許は必要で、免許のない人に運転させることはできません。免許のない友達などにちょっと運転させてとせがまれると、ついつい運転させてみたくなったりもしますが、それは違反行為ですからやめましょう。免許を持っていても、水上バイクで危険な運転をすることは禁止されています。危険な運転とは、猛スピードで急旋回させてみたり過度な蛇行をするようなことです。

海の上だと、つい気分が解放的になってやってしまいがちですが、危険運転は事故の元になりますからやめましょう。自動車運転と同じように、小型船舶の運転においても飲酒運転は厳禁です。お酒を飲むと、判断力・注意力が低下してしまい、危険が近づいているのに察知できなくて事故を起こしてしまうかもしれません。ボートで海へ出て友人などと釣りを楽しんでいると、ちょっと一杯やりたくなったりしますが、船舶を操縦する人は飲酒してはいけません。

他にも、救命胴衣着用義務や見張りの義務、人命救助の義務など、船舶を安全に航行するために守らなければいけないことはたくさんあります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.