小型船舶免許の種類と特徴

小型船舶免許は4種類に分けられています。取得するならそれぞれの免許の特徴について知っておくと安心です。1級小型船舶は、小型船舶免許の中の最上級免許で航行区域に制限のない免許です。世界中の海を操行することができるので、好きな場所を自由に楽しむことができます。

ただし条件が設けられており、一定の区域以上を操行する際にはエンジントラブルに対応できるように海技士の同乗が必要になります。操縦できる船舶の大きさは総トン数20トン未満、長さ24m未満となっています。18歳から取得可能です。2級小型船舶は、海の普通免許と呼ばれるほど、小型船舶免許の中でも最もポピュラーな免許となっています。

フィッシングやクルージング、ウェイクボードなどのマリンスポーツを楽しみたい方におすすめです。この免許は、海岸より5海里以内の水域の航行が可能となっており、満16歳から取得可能になっています。総トン数20トン未満の船舶の操縦が可能となっていますが、18歳に達するまでは5トン未満の船舶のみしか操縦できないという条件が設けられています。この条件は18歳になることで自動的に解除されます。

特殊小型船舶は、水上バイクやジェットスキー限定の船舶免許です。海岸から2海里以内の操行が可能で、満16歳から取得可能となっています。2級湖川小出力限定免許は、湖でのフィッシングを楽しみたい方におすすめです。川や湖などに限定された免許で満16歳から取得できます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.