船舶免許取得について

小型船舶免許は船舶の重さや操縦できる海域の範囲の違いによって、小型船舶免許の中で一番難易度の高い免許となるクルーザーやプレジャーボートが操縦可能になる一級小型船舶操縦士と、一級小型船舶操縦士よりも試験についての難易度が下がるものの操縦できる海域の範囲などが限定される二級小型船舶操縦士、それから若い世代に人気の高い水上オートバイなどのマリンスポーツが楽しめるようになる特殊小型船舶操縦士の主に3つに分かれていましていずれも国家資格となっています。ジェット免許と呼ばれることもある特殊小型船舶操縦士免許は、海の上を風を切って爽快に走ることのできる水上オートバイの操縦や若者に人気の高いウェイクボードに乗りたい人にお勧めの最もポピュラーな小型船舶免許となっています。特殊小型船舶操縦士の免許は学科試験や実技試験など各種試験や身体検査などをクリアすれば満16歳以上から取得できるようになっておりますから、高校生でも取得できる人気の免許でもあります。ただし特殊小型船舶操縦士免許は操船できる場所が湖や川や海の陸岸から2海里以内(約3.7キロメートル以内)となっていますから、あまり遠くへは行かないようにしましょう。

また、特殊小型船舶操縦士免許だけではクルーザーやプレジャーボートは操縦できませんのでクルージングを楽しみたい場合は、一級小型船舶操縦士あるいは二級小型船舶操縦士の免許を取得しなければなりません。船舶免許のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.