船舶免許を取得するためには

ボートなどの操縦には船舶免許を保持しておかなくてはいけません。船舶免許といってもひとつではなく、級などに分かれており、免許によって操縦できる船舶の種類や操船できる区域も異なります。一級船舶免許を保持している場合には、操縦できるボートの大きさは総トン数20トン未満、プレジャーボートの場合は24m未満の操縦が可能となりますので、多くのかたが一級を目指されています。一級船舶免許の取得は、18歳以上から出来ます。

免許を首臆するために、学科講習と実技講習を受け、その後国家試験を受けて合格をすることが取得の条件です。学科では、主に操縦者としての心得などから学び、交通の方法や運行などについての科目を通し、国家試験の対策を行わなくてはなりません。実技では、操縦だけではなく、点検の方法やロープワークなどの使い方なども学習しなくてはなりません。実際に、ボートを使っての試験が行われます。

国家試験は、講習などを受けなくても受験することは出来ますが、専門的な知識を学ぶためにも、スクールに通うことでスムーズな資格取得に繋がります。また、スクールに通うことによって、実技講習を受けることが出来ますので、実技試験を免除してもらえるという利点もあり、実際の試験は学習対策だけを行うと良いため、安心して試験に挑むことが出来ます。また、車などとは異なり、所要日数も数日で済ませることが出来ますので、週末休みを利用して資格取得に挑むことも可能です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.