船舶免許の種類と操縦可能範囲とは

船舶免許はボート免許とも呼ばれますが、正式名称は「小型船舶操縦士免許」です。国土交通省が認定している国家資格で、小型船舶の船長として乗船するのに必要な免許です。小型船舶には、1人で操縦する構造の総トン数20トン未満の船舶と24メートル未満のプレジャーボート、さらには船舶の種類が5トン未満でエンジンの出力が15キロワット未満の船や水上オートバイが含まれます。プレジャーボートとは、スポーツやレクリエーションに用いられるヨット及びモーターボート等の船舶の総称です。

船舶免許は操縦できる船の種類や水域によって、3つの区分と4つの種類に分類できます。1級小型船舶操縦士であれば、水上オートバイを除く24メートル未満のプレジャーボートと20トン未満の小型船舶を水域は無制限で操縦できます。取得可能年齢は18歳以上です。2級小型船舶操縦士なら、水上オートバイを除く24メートル未満のプレジャーボートと20トン未満の小型船舶において、海岸から5海里(約9キロメートル)までの海域が操縦可能となります。

取得できるのは18歳以上ですが、16歳以上であれば若年者限定の2級小型船舶操縦免許が取得可能です。18歳になれば自動的に限定条件が解除され、通常の2級小型船舶操縦士の資格取得となります。また、2級小型船舶操縦士には湖川小出力限定の免許もあります。これは5トン未満でエンジン出力が15キロワット未満の小型船舶を湖や川と一部の海域だけで利用できる免許です。

さらに、水上オートバイを操縦できる免許が特殊小型船舶操縦士です。操縦できる水域は、湖岸と海岸から2海里(約3.7キロメートル)までで、16歳以上で取得ができます。船舶免許の有効期間は5年となっており、有効期間が満了する1年前から更新手続きが可能です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.